ウィキペディア、フリー百科事典から








●煙が出にくく効率良く燃やせます●身近な植物を炭にできます
枯れ枝、枯れ草、竹、もみがらなどの焼却に、そして炭を作るのに最適な炭化器です。燃焼効率がとてもよく、短時間で高温になり植物が半生状態でも煙が出にくく、燃やしてから約30分ほどで炭を作ることができます(青い竹を燃やされると煙が出ます)。出来上がった炭は、畑などの土に混ぜて土壌改良にオススメです。畑に炭を入れると微生物が増え、ミネラルが豊富になり、農薬や肥料が減らせます。
※燃やす時間は枯竹の量により異なります。
※アスファルトは熱に弱いため、アスファルトの上では使用しないでください。
※灯油やガソリン等は大変危険ですので絶対に使用しないでください。
※プラスチックは燃やさないでください。
※近くに燃える物が無い田畑等の平地でご使用ください。
※野焼きが禁止されている自治体でのご使用はお控えください。


●サイズ:約直径100×高さ34.5cm  容量/165リットル
●重量:約12g
●材質:ステンレス(2mm厚)
●生産国:日本
●組立式
●パッケージサイズ:75×47×17cm 約13kg


メーカー フジ鋼業

商品コード 812799

JANコード 4946161702246


【代引きについて】
こちらの商品は、代引きでの出荷は受け付けておりません。


【送料について】
北海道、沖縄、離島は別途送料を頂きます。

その日の絵

Feridun Hamdullahpur

Feridun Hamdullahpur生まれ1953/1954(66〜67歳)七面鳥教育機械工学の学士号と修士号 化学工学の博士号母校イスタンブール工科大学ノバスコシア工科大学職業アカデミックウォータールー大学の学長兼副学長前任者デビッドジョンストン後継ヴィヴェック・ゴエル配偶者キャシー・ハムドラプール(ニー・ジョンソン)子供達2人の息子(ブライアン、ケビン) 賞エリザベス2世女王ダイヤモンドジュビリーメダル署名 Feridun Hamdullahpur (1953年または1954年生まれ)は、ウォータールー大学の学長兼副学長です。 Hamdullahpurは、2011年3月にウォータールー大学の6番目の学長に任命されました。Hamdullahpurは、後継者であるVivekGoelが就任する2021年7月1日までその地位を維持します。 若いころ Hamdullahpurは、トルコでイラン人の父親とトルコ人の母親の間に生まれました。彼は5人兄弟の末っ子です。彼の実業家の父、ナスリは、ハムドラプールが肝臓病になる前に肝臓病で亡くなりました。彼の母親、メルジエはトルコで5人の息子を育てました。彼は1981年にトルコからノバスコシアに移り、そこで妻のキャシーに会いました。キャシーは21歳で、ダルハウジー大学の4年生の看護学生でした。彼らは1985年6月28日にハリファックスで結婚し、その後 (記事全文...)

Feridun Hamdullahpur